スノーピークのタープ

スノーピークのタープ出典:snowpeak

スノーピークのタープは、同社のテントと同様に「自らもユーザーである」という理念の基に開発された、高品質なタープです。

また、スノーピークでは、生地やポールの品質へのこだわりだけでなく、「タープをどのように使用するかといった」といった使い方にまで踏み込み、機能性に富んだアイテムも豊富です。

この記事では、そんなスノーピークタープの特徴を紹介させて頂きます。

1.スノーピークってどんなブランド?

スノーピークは、日本を代表する総合アウトドアメーカーです。

ユーザー側に寄り添った商品開発に定評があり、高機能と耐久性を兼ね備えたキャンプ用品は、多くのキャンパーを魅了してます。

そして、高機能ながら、キャンプ初心者から上級者までの幅広いラインナップは、幅広い層からの支持に繋がってます。

下記にブランド及びタープに関連するアイテムである「テント」について詳しく纏めてます。ぜひ、ご覧ください。

スノーピークってどんなブランド?

2018.02.23

スノーピークのテントの種類と特徴、おすすめの一品!

2018.03.01

Snow Peak コーポレートサイト:
https://www.snowpeak.co.jp/

2.スノーピークタープの特徴

スノーピークに限った事ではないですが、デザインの統一感の問題で、タープはテントと組み合わせて使う場合が多く、大部分のモデルについては、生地をテントと同様のものを用いて設計されてます。

スノーピークは、テントやタープについての耐水圧をミニマム〇〇mmと記載しており、この記載は、全ての部分で〇〇mmの耐水圧を保証しますという意味の表記です。各部位の平均値を表記するメーカーも多い中での、この表記は、製品への強いこだわりと自信が伝わってきます。

また、タープは幕体だけが良くても十分ではありません。ポールやロープ、ペグなどの各部材がしっかりと幕体を支える事でタープとして成立するのです。スノーピークでは、ポールやペグについても強いこだわりを持って作られてます。

尚、スノーピークタープの幕体は、難燃性の生地ではありません。タープ下での焚火、炭火は厳禁ですのでご注意ください。

3.タープの選び方

タープを選ぶ際には、「使用する人数」、「形状」の2点を考慮し、予算と相談しながら決めていきましょう。

まず、「ソロ・ペア向け」と「ファミリー向け」の2区分に分け、種類が豊富な「ファミリー向け」ついては、形状で「ヘキサタープ/ウィングタープ」「レクタタープ」「スクリーンタープ」に区分していきます。

尚、下記の記事に「タープの役割や種類」について纏めましたので、見てみてくださいね。

タープの必要性と種類

2018.03.11

それでは、実際にスノーピークのテントを見ていきましょう。

4.ソロ・ペア向けタープ

スノーピークのソロ・ペア向けタープは、「ライトタープ ペンタシールド」、「ライトタープ ポンタシールド」、「エルフィールド ヘキサPro.」「ヘキサ Pro.air S」の4つが販売されてます。

しかし、「ライトタープ ペンタシールド」、「ライトタープ ポンタシールド」は、大きさを考えるとあくまで風や日射し避けのための「シールド」で、居住空間を作るといった意味では、「エルフィールド ヘキサPro.」「ヘキサ Pro.air S」の2つであり、両方ともヘキサ型のタープになります。

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド

ライトタープ ペンタシールドは、センターに150cmのワンポールを立てることで自立するユニークな変則五角形のタープです。軽量で持ち運びは便利な分、居住空間は小さく、ソロ向けのタープになります。1本のポール(150mm推奨)を別途購入する必要があります。

サイズ :320cm×400cm
重量  :790g(本体のみ)
耐水圧 :ミニマム1,800mm
対応人数:1人

スノーピーク ライトタープ ポンタシールド

ライトタープ ポンタシールドは、レクタ型ではありますが、幕体の面積は小さく、軽量で、2本のポール推奨サイズも125cmとなっており、ペンタシールドと同様、居住空間を作ると言うよりも風や日射し避けのための「シールド」と考えるべきでしょう。こちらも2本のポールを別途用意する必要があります。

サイズ :220cm×235cm
重量  :570g(本体のみ)
耐水圧 :ミニマム1,800mm
対応人数:2人

スノーピーク エルフィールド ヘキサPro. & ヘキサ Pro.air S

この2つは、同じヘキサ型で少人数向けのタープではありますが、幕体のサイズ、重量、耐水圧が違います。両方とも十分なスペックで価格帯も近いことからキャンプスタイルに合わせ、選択するのがよいでしょう。

エルフィールド ヘキサPro.とヘキサ Pro.air Sのスペック

 サイズ重量耐水圧対応人数
エルフィールド ヘキサPro.360×450cm2.9kg3,000ミニマム2人
ヘキサ Pro. air S350×380cm1.5kg1,500ミニマム2人

5.ヘキサタープ/ウィングタープ(ファミリー向け)

ヘキサタープやウィングタープは、風に強く、開放感たっぷりのタープで、ロースタイルのキャンプをやる方にはおすすめのタープです。

スノーピークのヘキサタープは、流線形のデザインがオシャレでファンも多いタープです。大きく分類すると、エントリーラインの「アメニティタープ」かスタンダードタイプの「HDタープ」の2種類です。
アメニティタープは1種類ですが、HDタープは、キャンプスタイルに合わせて複数の種類から選ぶことができます。

スノーピーク アメニティタープ ヘキサLセット

アメニティタープは、スノーピークのエントリーモデルです。
エントリーモデルのため価格も抑えられてますが、流石のスノーピーク品質は保持してます。サイズは4人家族だと非常にゆったり使える大きさ。ポールとペグが付いたセットで販売されており、サイズはLのみの展開です。コスパ最強のタープかもしれませんね。

サイズ :500cm×570cm
重量  :7kg
耐水圧 :ミニマム1,800mm
対応人数:6人

スノーピーク HDタープ ヘキサ

スノーピーク定番のヘキサ型タープです。流線形のフォルムは、風を受け流し易い構造です。また、生地にシールド加工がしてあり、通す光を軽減し、加工されていないタープより体感温度を下げてくれます。耐水圧も3,000mmミニマムとアメニティタープよりも高い品質です。

別途、ポールとペグの準備が必要です。ファミリー向けのラインナップとしては、「M」、「L」の2種類、更に広い「ヘキサエヴォ Pro.」、軽量化したプロライン「ヘキサ Pro.air L」から選ぶと良いでしょう。

HDタープ ヘキサのスペック一覧

 サイズ重量耐水圧対応人数
HDタープ ヘキサ(M) 420×475cm3.1kg3,000mmミニマム4人
HDタープ ヘキサ(L) 500×570cm3.6kg3,000mmミニマム6人
HDタープ ヘキサエヴォ Pro.565×640cm4.5kg3,000mmミニマム6人
ヘキサ Pro.air L500×570cm2.3kg1,500mmミニマム6人

6.レクタタープ(ファミリー向け)

レクタタープは、開放感がありながら有効面積がヘキサタープ/ウィングタープよりはるかに広いです。

開放感を重視したハイスタイルキャンプをやりたい方や空間を高く使いたい方にはおすすめです。

スノーピーク アメニティタープ レクタLセット

アメニティタープのレクタ型のモデルです。
エントリーモデルのため価格も抑えられてますが、流石のスノーピーク品質は保持してます。ポールとペグが付いたセットで販売されており、サイズはLのみの展開です。

このタープは有効面積がとにかく広く、8人までのキャンプに対応できます。

サイズ :440cm×500cm
重量  :11.9kgkg
耐水圧 :ミニマム1,800mm
対応人数:8人

スノーピーク HDタープ レクタ

7.スクリーンタープ(ファミリー向け)

スノーピーク カヤード

スノーピークのカヤードは、フルメッシュタイプのスクリーンタープです。夏場の強い日差しの中でもカヤードなら快適に過ごせるでしょう。メッシュは、スペースに虫が入るのも防いでくれます。

別売りですが、遮光性をアップさせるシールド加工のインナールーフやプライベート感を高めるサイドパネルなどのオプションも充実しています。

サイズ :490cm×680cm
重量  :5.2kg
耐水圧 :ミニマム1,000mm
対応人数:6人

スノーピーク ランドステーション

スノーピークのランドステーションは、キャンプスタイルに合わせてアレンジ可能なスクリーンタープです。パネルの切り離しや幕体のロールアップにより折り紙のように色々な形にできるので、天候やキャンプスタイルに合わせた楽しみ方が簡単にできるスノーピークらしい一品です。

サイズ :510cm×885cm
重量  :16.7kg
耐水圧 :ミニマム3,000mm
対応人数:6‐8人

スノーピーク ランドベース6

ランドベースは、ランドステーションの豊富なアレンジ機能に加え、さらに最大5張のインナーテントを取り付けることもできます。広大なスペース、全4カ所のベンチレーターやシェルター並みのメッシュなど、大人数で快適に過ごす工夫がいたる所に散りばめられてます。グループキャンプ向けスクリーンタープの最高峰といっても過言ではないでしょう。大きいので区画サイトの場合は、面積を確認した方がいいかもしれませんね。

サイズ :700cm×800cm
重量  :12.5kg
耐水圧 :ミニマム1,800mm
対応人数:6人

まとめ

スノーピークのタープは、品質が高いだけなく、どのようなスタイルに合わせたタープなのかを明確に主張します。使用人数とキャンプで何を重視するのかによって選択していけばいいと思います。

また、他メーカーよりも若干、大きく作られており、ゆったり過ごせるタープが多いのも特徴です。快適なリビングスペースを作るアイテムの一つにスノーピークのタープを加えてみることをご検討してみてください。

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

せーご

キャンプと野外フェスを愛する自由人で、「人生をどう楽しむか」をテーマに新しいことに常にチャレンジしてます。大自然の中で食べるキャンプ料理とお酒を飲むのが大好きです。春・夏・秋のスリーシーズンキャンパーです。