キャンプ用品レンタルってどうなの?

コールマンテントセット出典:mission rental

キャンプ用品のレンタルについてまとめました。

「キャンプはやりたいんだけど、全ての装備を揃えるにはお金がかかり過ぎる」、「試しにキャンプをやってみたい」なんて言うユーザーには、キャンプ用品をレンタルするのも良いかもしれません。様々なキャンプ用品を手軽に体験できるのもメリットです。

この記事ではキャンプ用品レンタルの手続きや金額の相場観、おすすめの業者さんをご紹介させて頂きます。

1.キャンプ用品レンタルの一連の流れ

キャンプ用品レンタルは、概ね下記のような流れで行います。

(1)申込~見積~在庫確認
必要なアイテムを申し込んで、金額と在庫の有無を確認します。
キャンプ用品のレンタルには、保証金がかかったり、破損などに対して損害保険をかける場合が多いです。また、テントなどの配送のため、配送料が割と高いのでご注意ください。

(2)契約確定~代金支払
在庫の確認ができて、金額の合意ができれば、契約が確定します。
契約後に銀行振込、クレジットカードの決済などで代金を支払います。お届け時に代引きでのお支払いができる業者も多いです。

(3)お届け
指定日に配送されます。通常時間指定も可能です。
配達物が注文内容と違いがないかを確認して、相違があれば早急に業者に連絡しましょう。

(4)返却
使用後は、返却期日までに返送しましょう。返送用伝票がだいたいは付いてます。
また、返却時のクリーニング不要のところが多いです。

2.レンタルの費用感

実際のところレンタル費用はどれくらいかかるの?

エントリーモデルのテント単体だと1泊の使用で大体3,000円~7,000円くらいの費用感です。
シュラフやテントマットなどを含めると15,000円前後のイメージで、その他のアイテムを加えると20,000円~30,000円位になってしまいます。配送料、保証料などは別です。

決して安くはない金額ではありませんが、キャンプ用品をフルセットで買う事を考えると1/3~1/4位の価格でしょうか。
これからガッツリとキャンプをやる方は、購入した方がいいかもしれませんね。

アイテムについては、コールマンのテントを取り扱っているところが多く、エントリーモデルのテントとマット、シュラフをセットにしたパッケージを準備しているところも多いです。

コールマンのテントの種類と特徴、選び方

2018.03.04

3.キャンプ用品のおすすめレンタル業者

全国対応のおすすめレンタル業者を3社ご紹介させていただきます。

アウトドアギアレンタル そらのした

「そらのした」は、山梨県富士吉田市のレンタル業者で、キャンプ用品、登山向けのアウトドアグッズを取り扱ってます。

レンタル品のラインナップは、コールマンスノーピークロゴスを中心に幅広いメーカーで構成してあり、お得なキャンプセットなども用意されてます。「完璧な撥水」、「清潔さ」、「一流品である」ことをコンセプトに品質の良いアイテムを揃えているレンタルショップです。

コーポレートサイト:
http://www.soranoshita.net/

レンタルショップ ダーリング

「ダーリング」は、アウトドアグッズだけでなく家電やベビー用品まで幅広くの取り扱いがあるレンタル業者です。所在地は、山形県新庄市にあります。

レンタル品のラインナップは、コールマンを中心としたアイテムで構成されています。

コーポレートサイト:
http://www.outdoor-rental.com/index.html

ミッションレンタルギア

「ミッションレンタルギア」は、キャンプ用品とキャンピングカーのレンタル業者です。

キャンプに特化しているだけあって、コールマンスノーピークロゴスなどの数多くのメーカーのアイテムを取り扱ってます。色々なキャンプ用品を試してみたい方などにはいいかもしれませんね。

コーポレートサイト:
http://mission-rg.com/outdoor/

4.まとめ

キャンプ用品のレンタルについてご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

今後、キャンプをこれから始める方に、最初の数回はレンタルでといった方も増えると思います。

初めの購入代金に足踏みしてしまう方は、レンタルからアウトドアライフをスタートしてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

せーご

キャンプと野外フェスを愛する自由人で、「人生をどう楽しむか」をテーマに新しいことに常にチャレンジしてます。大自然の中で食べるキャンプ料理とお酒を飲むのが大好きです。春・夏・秋のスリーシーズンキャンパーです。