赤城アウトドアベース行ってみた

赤城アウトドアベース

Feel Campママです。
久しぶりにキャンプをしてきたのでレポートしたいと思います。
今回は春の自然豊かな赤城アウトドアベースに行ってきました。
桜もまだ咲いててとてもいい春キャンでしたよー!
テントは3張り設備で1泊のグループキャンプを4家族で楽しみました。

キャンプ場の基本情報

赤城アウトドアベース
<基本情報>
住所: 群馬県前橋市富士見町赤城山1743-5

アクセス:
・車:関越自動車道前橋ICより車で約30分
・電車:前橋駅よりバスで約50分 北新地バス停下車 徒歩5分

料金:料金は入場料+サイト利用料+ゴミ処理代で下記の合計になります。

大人1名 1,500円/1泊・日帰り同一
子供1名 500円/1泊・日帰り同一

平日     宿泊2,000円 デイ利用1,000円/1区画
土日祝休前日 宿泊3,000円 デイ利用1,500円/1区画
※5名以上の場合+1名につき1,000円 最大定員6名

環境整備協力金(ごみ処理)
1区画 500円(所定のゴミ袋あり)
チェックイン:13:00~17:00
チェックアウト:~11:00
なっぷ:https://www.nap-camp.com/gunma/14465
Instagram:https://www.instagram.com/akagi_outdoor_base/

設備について

設備レンタル可能用品
赤城アウトドアベースは基本的な設備はあり、水場も近かったです。
あと私は使わなかったのですが、お湯も使えます。
トイレは建物内にあり、女性トイレは男性トイレの横を通るため男性とタイミング重なると少し気まずいですが、女性トイレは洋式があり温い便座でした。
お手洗い場にはハンドソープがついていました。

貸出は少ないですのでちゃんと準備しましょう。
薪・炭も販売していて、私が行った時はみかんが無料で頂けました!
とても美味しかったです。

絶対外せないお薦めポイント

今回私の独断と偏見でお薦めする赤城アウトドアベースのお薦めポイントを紹介させてください。

自然豊かでお花見キャンプができる

桜の花
私が行った時は葉桜になっているところもあり、遅咲きの桜を見ることができました。
オートキャンプ側はしだれ桜が咲いておりとてもきれいでした。
あと久し振りに春の植物つくし、ヨモギを見つけました!ハコベ、タンポポ、シロツメクサ等生えて、林の方からは野鳥(おそらくウグイスやコゲラ)の鳴き声が心地よかったです。

赤城おろし(季節風)対策あり

防風柵
秋の終わりから大体4月頃までは強風がある地域のため風は少し強めです。
防風柵を設けたキャンプ区画をご用意されているので食事は快適でした。

木の椅子やブランコが子供に大人気

ウッドハウス
赤城アウトドアベースには木の椅子やブランコがあり子ども達にとても人気でした。
他にも予約をすればツリーハウスも借りられるので独り占めできちゃいます。価格は500円でレンタル可能!安いですね!
今回は木のテーブルがある場所だったので子供たちとお菓子作りを少し肌寒いので白玉ぜんざいを作りました。

最後に

赤城アウトドアベースの設営
赤城アウトドアベースは秋から春にかけて風の影響を受けやすいのでキャンプに慣れていないキャンパーさんは夏ごろに行くのがおすすめです。
その際は日陰の場所がないのでタープのご用意を!是非、一度行ってみてください♪

浅間園オートキャンプ場の風景

ASAMA Park Field(浅間園オートキャンプ場)に行ってみた!

2018年11月3日
館山でのキャンプ風景

館山シーサイドビレッジに行ってみた!

2018年5月11日
【スポンサーリンク】

コメントを残す