ロゴスってどんなブランド?

ロゴスに囲まれた女の子達出典:LOGOS

ロゴスと言えばどんなイメージを持っていますか?

ロゴスは、「水辺5メートルから標高800メートルまで」をキーワードに豊富なアイテムを展開するアウトドアの総合メーカーです。

ラインナップが、ファッショナブルかつリーズナブルなアイテムが多く、キャンプ初心者やライトユーザーが最も接しやすいブランドの一つかもしれませんね。

この記事では、そんなロゴスの魅力やおすすめ製品をご紹介させて頂きます。

1.ロゴスについて

ロゴスのキャンプ風景出典:LOGOS

「水辺5メートルから標高800メートルまで」のキーワード通り、本格的な登山専門ブランドとマリンアクティビティ専門ブランドの中間の「ファミリーユースのアウトドアメーカー」がロゴスの立ち位置です。

会社としては、創業者である柴田実昭が大阪市港区に船舶用品問屋として「大三商会」を発足し、船舶用品、屋外作業衣類、海洋レジャー用品などの様々な事業展開をしていく中で、1985年より「LOGOS」ブランドとしてのキャンプ用品の本格販売をスタートしました。1997年に社名を現在のLOGOSの社名に変更しております。

当時、高価格だったアウトドア製品に対し、価格を安価なラインナップを展開する事で事業は大きく拡大し、低価格ながら本格仕様で設計された「LOGOS」のテントによって、キャンプを行う事の敷居が下がりました。日本のアウトドア人口増加に大きく貢献したブランドと言えるでしょう。

ロゴマークであるメイプルリーフには、「屋外と人を繋ぐブランドでありたい」という企業理念が込められてます。キャンプの醍醐味でもある、自然と人との繋がりをテーマに作られたロゴスのアイテムは、多くのユーザーに支持されています。

LOGOS コーポレートサイト:
http://www.logos.ne.jp/

2.ロゴスの魅力と特徴

ロゴスのアイテム達出典:LOGOS
ロゴスは、「水辺5メートルから標高800メートルまで」のヴィジョンに沿って、プロフェッショナルな分野には踏み込まず、ファミリーユースなで多くの人に受け入れられる物づくりを行ってます。

その為、ロゴスのアイテムは、最低限の機能性は有しつつも、デザイン性を重視しているものが多く、販売面から見ても、リーズナブルな価格帯で幅広いラインナップ展開をしています。

デザイン性の高いアイテム

ロゴスの最も大きい魅力の一つは、アイテムの持つ高いデザイン性です。

キャンプの時でもオシャレでいたい、そう考えているキャンパーには非常に人気があります。例えば、ロゴスのオシャレなアイテムの代表格である ナバホTepeeは、女性キャンパーからの絶大な支持を得ています。

また、ディズニーやスヌーピー、ハローキティとのコラボもアイテムなど、目新しいアイテムも充実しています。

リーズナブルな価格帯

プロフェッショナル領域に踏み込まず、ファミリーユースにターゲットを絞ってますので、価格についても安価なものが多いです。

キャンプをこれから始める方には、とてもありがたい価格です。

幅広いラインナップ

専門性が高くない代わりにキャンパーのニーズに細かく対応したアイテムが多いのも特徴です。

細かなニーズに対応した結果として、テントやタープからバーベキューグリルやファニチャーまで、豊富なラインナップは、200アイテムを超えます。

3.ロゴスの代表的なアイテム

ロゴスの焚火台出典:LOGOS

ロゴスのテントの魅力や特徴、人気の秘密に迫る!

2018.03.10

4.まとめ

家族の笑顔
ロゴスの魅力や特徴についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか?

ロゴスのアイキャッチ―でリーズナブルなアイテムは、キャンプ初心者やファミリーユースにぴったりです。女性にも人気があるのが良く分かります。

センスの良い一品を上手く取り入れて頂くとキャンプの新しい楽しみ方が増えるかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

せーご

キャンプと野外フェスを愛する自由人で、「人生をどう楽しむか」をテーマに新しいことに常にチャレンジしてます。大自然の中で食べるキャンプ料理とお酒を飲むのが大好きです。春・夏・秋のスリーシーズンキャンパーです。